設備機器設置・保守管理、その他請負業務

建物に付随する各種機器の設置や保守管理、その他請負業務も行っております。
(下記以外にも各種承っておりますので、お問い合わせ下さい。)

消防設備点検業務

消防用設備等は、いつどんな時に火災が発生しても確実にその機能を発揮できるものでなければなりません。そのためにも日頃から適切な維持管理が必要です。定期的な建物の消防設備点検の実施・管理も行っております。

※消防用設備等を設置することが消防法で義務づけられている防火対象物の関係者(所有者、管理者、占有者)は、その設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果をすみやかに消防署長に報告しなければなりません。

防火対象建物(次の1又は2に該当する建物)は、消防設備士、消防設備点検有資格者が点検しなければなりません。
1.延べ面積が1,000u以上の建物
2.次の@及びAの建物に該当する建物
@特定用途(不特定多数の者が利用する用途)が3階以上の階又は地階に存するもの。
 A階段が1つのもの
点検の実施
●機器点検(6ヶ月に1回以上)
  消防用設備等の適正な配置、損傷の有無などを外観から点検します。また、その機能について、外観から又は簡易な操作により判別できる事項を確認します。
●総合点検(1年に1回以上)
消防用設備等を作動又は使用することにより総合的な機能を点検します。

設備機器点検業務

大阪でビルの各種設備保守管理を行います。

  
設備機器は常駐または巡回にて対応させて頂きます。法定点検かた自主点検まで幅広くメンテナンスを行ないます。
お問い合わせはこちら